コカ・コーラ クリア

コンビニに行ったら奇妙なモノが売られていたので、買ってきた。
コカ・コーラクリアです。

透明系の清涼飲料水もここまで来たかといった趣き。
無色透明なミルクティーとかカフェオレとか。
香料と甘味料があればどんな味でも作れてしまうのでは。

続きを読む コカ・コーラ クリア

誕生日にBookOffで大収穫!

4/23は誕生日でした。
34歳という節目でも何でもない年齢ですので、引き続きじっくり人生を楽しんでいきたいと思います。

4月23日は「サン・ジョルディの日」なんだそうで。詳しくはWikipedia参照なんですが、「本の日」でもあるのだとか。
いい機会なので地元のBookOffに行ってきました。

続きを読む 誕生日にBookOffで大収穫!

大相撲殺人事件

だいぶ前に、
「読書感想記事は需要が無いっぽいのでやめる」
旨申しまして、2014年ぐらいから本読んでも読書メーターに記録するだけで、ブログの方では触れてこなかったのですが。
自分のブログだし書くことあったら書いておけば、と思い直しました。
けっして更新するネタに困ったわけではないのです。
4月と言う事で良い季節でもありますし?
え?もう19日??

あけおめ!2018年の目標!
あけましておめでとうございます!早速ですが、今年の目標です。ブログの目標一応今年の目標を立てなきゃいけないなと思うところなのですが、どうしたもんでしょうか。...

続きを読む 大相撲殺人事件

さいたま市大宮盆栽美術館をなめてました

日曜日、さいたま市は大宮にある盆栽美術館に行きました。
初探訪です。

盆栽で美術館と言われても、地味というか。
いまいちパッとしない響きではありますが、実際見ごたえアリです。

五葉松

じっくり見ても1時間も潰せない、小さな美術館ではありますが、
超巨大で立派な盆栽が並んでいる様は壮観であります。
昔だったら大名屋敷にしか設置できないであろうというサイズ感。

五葉松

数で勝負する展示ではないのですが、
盆栽は季節にって違った姿を見せてくれる芸術。
つまり、真の展示数は見えている数の4倍!
考えようによっては24倍になると言えなくもない?!
何度も楽しめる上に、歳を重ねるごとにまた姿を変えていくわけで。
長いスパンで何度も足を運んで、盆栽の成長を楽しむ美術館と言えます。

花梨(?)

盛り上がるように根が伸びています。
鉢の中はどんな状態になっているのでしょうか。

真柏

いくつか写真を撮ってきましたが、
大きな鉢の展示は撮影禁止なっておりまして。
撮影禁止区域が半分以上を占めているのがちょっと残念。
盆栽美術館の神髄は観に行かないと分からないということです。

暖かくなってきたら再び訪れたいと思います。

モスバーガー応援キャンペーン

モスバーガー大好き人間なのですが。
最近モスの方、業績不振だそうですよ。
マジですか?

モスバーガーが「創業以来の絶不調」である、もうひとつの理由 (1/5)
業界第2位のモスバーガーが苦戦している。「創業以来2度目の絶不調」とも言われ、あれが悪い、これが悪いとさまざまな敗因が取り沙汰されている。どれも納得のいく話で...

分煙でマクドナルドの業績が伸びたって本当ですか?
2015年に神田駿河台店が閉店になりましたが、
それらの店舗整理が効いていたのではないかと思うのですが。
マクドナルドが一斉に閉店した日 - デイリーポータルZ
閉店の瞬間ってどんな感じなのか。大勢の人が集まる、予想以上に大きなイベントでした。 (三土たつお)

ともかく、好きなものがピンチとなれば応援するまでです。
これまで月イチMOSだったのを週イチMOSにしました。

名古屋エビフライバーガー レモンタルタル

以前、ご当地バーガーとして発売されていたもの。
人気過ぎて売り切れ続出となり、自分は食べることができませんでした。
数量限定復活ですが、助かります。

モスにはエビカツバーガーという、エビを使ったカツメニューがあるにもかかわらず、きちっとエビフライと言い切る所に気概と自信を感じます。
エビカツバーガーではなく、あくまで「エビフライバーガー」。
エビの存在感がちがう。
尻尾がついていないので、はさまれた状態だとエビカツと見分けがつかないのがネック。

エビフライということでソースはタルタルなんだけど、なんでかトンカツソースもかけられている。
2つのソースが渾然一体となって超うまい。
タルタルとトンカツソースの組み合わせがこれほど罪深い味だったとは。

テリヤキチキンバーガー


次の週。

テリヤキバーガーではなく、テリヤキチキンバーガー。
「照り焼きにしたチキンが挟まっているのね」
という概念をそのまま具現化したチキンバーガーの鑑。
トリの一枚肉を丸々照り焼きにしたのを普通はステーキって言うんですよね。
しっとり柔らかで、トリ特有の筋繊維が押し返してくる感じがすばらしい。
夢中で食べているとバーガー袋の端からテリヤキソースがこぼれてしまいました。
テリヤキソースは他のソースに比べると粘度が低いので注意です。

305キロカロリーと、全バーガーの中でも特に低カロリー。
夜遅くに食べるとしたら有力な選択肢となるかも。
何よりレタスの量が立派だ!
この冬は天候不順ということで野菜が高騰しているにもかかわらず。
今年入ってから一度に摂取したレタスの量としては最大でしょう。

モスバーガー チキンセット


また次の週。

モスバーガーって食べにくいうえに写真も撮り辛い気がする。
お店で食べる時は袋の開口部をこちらに向けてフォトジェニックな配膳をしてくれるのに。
せっかくモスチキンもセットにしたのに剥かずに撮ってしまうミスは自業自得ですが。

美味いけど食べにくいことに定評があるモスバーガーの看板商品モスバーガー。
柔らかバンズとトマト、ミートソースにパティのバランスが絶妙。
すべてが計算しつくされたバランスのよさ。
バンズもパティもモスバーガーのための物。
他バーガーはバンズとパティの流用に過ぎないんだよ
と言えるような。
そんなこと無いような。
そんなことないですよね。

やはりミートソースが特別な存在感。
齧るたびに奥へ奥へと追いやられるので、最後に集めて食べるのがまた楽しみ。
今回のモスバーガーはトマトが端っこなため、皿形になってますね。
トマト切断面が上のバンズに密着するように配置するのがコダワリなのかな?

写真無いけどモスチキンも付けました。
モスチキン1本270円。
一本当たりのウマみで考えるとコスパ最強でしょう。
ファミマのプレミアムチキンが出るまでは他を圧倒して絶対王者の風格を漂わせておりましたなぁ。
モスチキンは衣がザクザク系でファミマは肉感重視系なので、自分の中ですみ分けができております。
小学生のころ。
通ってた塾の帰路でモスチキン初めて食べて絶叫したのをいまだに覚えております。

まとめ

そんな感じで今後もモスバーガーを応援していきたいです(雑

週イチならモスガンガンいけますね。
この勢いで全メニュー制覇目指したい所です。
モスは”ソイパティ”という豆と野菜で出来たパティをつかったバーガーや、
バンズがレタスになっている”菜摘”という超絶忖度メニューも存在するので制覇はたいへんですな。
やっぱ好きなもの食べよう。
みなさんもモスいきましょう!