Epiphone Sheraton-II Lefty

Epiphone Sheraton-II Lefty
唐突ですが、ギター買っちゃいましたっ!!
エピフォンのセミアコースティック、シェラトンⅡですっ!
もちろん レ フ ト ハ ン ド モ デ ル !
エピフォンというと劣化ギブソンというイメージが強く、本機もセミアコースティックギターの名機、Gibson ES-335のコピーモデルにも見えますが・・・
よくよくよく比べるとボディー幅が少し小さいのかな?
以前335を弾かせてもらった時はボディー幅が大きくて違和感があったのですが、シェラトンさんはそうでもないような。
コントロール系の位置がピックガードに近いからそうなのかも。
ちょっと検索かけてみましたが、よくわかりませんでした。
何にしても特徴的なのが、ヘッドのフォルムとインレイ!
ふつくしい・・・
頭でっかちかと思いきや意外とバランスがよくて、ストラップ付けるとちょうどいい位置で止まります。
バインディングも怒涛の5枚重ね(縞々の縁取りが5枚の板を重ねて作られている)。
ボディー内部空洞の表面もきれいに仕上げられているので、けっこうイイ品質なんじゃないでしょうか。
ただ、ナットの処理は超キタナイ。
これは交換モノかも。
とにかく、ついに手に入れたレフティーギターです。
大事にする、というよりバリバリ弾き倒していこうと思います。
ヨロシクッ!

「Epiphone Sheraton-II Lefty」への2件のフィードバック

  1. シェラトン。
    某学校のジャズバンド部の管理物件で新品当時から所蔵で韓国製。

    ES-335系とは仕様が異なっていて、一番の違いはネックの材料が335がマホガニー(系)なのにたいしてこのシェラトンはメイプルを使っていて、
    マホガニーのふにゃふにゃネックに比べ強度があり、かっちりしたモノ。
    ピックアップの違いはありますがネックの材料違いからサウンドもシェラトンのほうがかっちり、はっきりした印象。

    私事。同時期の日本分家オービルの335(PUは57クラシック(標準))を持っているので比較出来ましたです。
    因みに、当時の定価はほぼ同じ?335(日本製(寺田?))が11万。シェラトン(韓国製)が10万弱だったかと思います

    1. たぬきさん、いつもコメントありがとうございます!
      うちのシェラトンは中国製です。記事書いた後すぐにPUセレクターが壊れました( ;∀;)
      オービルかEpiphone Japanの頃に1本買っておけばよかったなぁと思ってます!

      購入から7年になりますがネック周りはトラブルなく使えております!流石はメイプルネックですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。