刀語 第三話 千刀・ツルギ

西尾維新の大河
ラノベノベル、刀語の第三巻。

いきなり第三巻で恐縮です;

3本目の刀、千刀・ツルギ(金偏に殺)を収集するため、

とがめと七花は出雲の三途神社に赴き

所有者敦賀迷彩と対決する。

「映像化」だの、「実写だったらどうする」だの

メタな発言が飛び交う本文は読んでて爽快。

敦賀迷彩の、割り切れてるけど割り切れてない

カラッとしてるけど陰湿な所に惚れる一冊!

”この世界はばかばっかりだ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です