人間失格

人間失格 (集英社文庫)

太宰治の「人間失格」 読みました。
走れメロスと並んで、文豪太宰の代表作とされる本作ですが、今回が初読み。
うん、まぁ、あんまり若い頃に読まないで正解だったかなぁ。 
これほど読んでいて鬱々としてくる本はそうそう無いですよ。
道化を演じるならやり遂げればよかったのに・・・。
途中までうまく行ってたんだし。
何が悪かったのか。やっぱ堀木か。



最後は人間椅子の「人間失格」をお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です