その名は右手首捻挫 告知もあるよ!

雨がイイカンジに降り続いております。
自分は足を滑らせまして。
ずっこけました。

会社から帰るバスに乗ろうと急いだ所、右カーブで足が滑ってスッ転びました。
右に折れるコーナーで転んだので、右手で地面を突いてしまって右手首が痛い。
右ヒザもジーンズの中でズルッと剥けていました。
いてて。
ある程度受け身にはなったのか、頭は大丈夫です。
すぐに近くのドラッグストアで湿布購入して貼付け、応急処置。
そのまま歩いて家まで帰ることができました。

右側に倒れたのは不幸中の幸いと言った所です。
手首は外側に曲げると痛いけれど、内側に曲げる分には痛くないのでギター弾けちゃう!
超ラッキーですな。
もう不幸中の幸いとしか言いようがない。
これが左手首だったら腕を振れないのでギタリストとして完全に死んでしまう所でした。
南無散。

翌日整形外科に行きました。
朝イチで来院したのですが、10名程おじい様おばあ様がお待ちで。
待合室満杯。
井戸端会議状態で非常に和気アイアイとしておりました。
ヒザがいたいとか腰が痛いとかの話の合間に
「今度の選挙どうするー?」
という話が混じるので、この世代の方はちゃんと投票行くんだなぁ。
としみじみ。
自分30代ですけど、選挙権が18歳からになった前回の参議院選では10代の方が投票率高かったという話ですし。


総務省 国政選挙における年代別投票率について

大学無償化など、10代向け政策を掲げる声を以前より聞くように感じていたのですが、
10代の投票率がモノを言っているんだろうなぁ。
みんな投票に行って自分の世代の投票率を上げないと。
自分たちにオイシイ政策を打ってくれなくなっちゃうんですよ。
みんな今週末は投票な。OK?
台風?
みんなは転ばないように。

で、診断の方。
レントゲン撮っても異常は写らなかったようです。
ヒザも手首も動くと言えば動くし、腫れてもいないので大丈夫かなと思ってましたが、実際そんな感じ。
診断としては打撲捻挫だそうで。
あー捻挫かー。
捻挫と聞くとなんか急に心に刺さる。
いててて。
まぁ捻挫だよねぇ。安静にしないと。
全治2週間ぐらいという診断でした。
今月末ライブがあるので、それまで練習休めません!
様子見ながらがんばりましょう。

そう、今月末ライブやるのです
今月末10月29日(sun)は池袋Admにて、しばいぬThe MISSION出番ですよ!
今回で3回目の出演となる、スタジオペンタ主催コピバンフェスティバルです。
マンウィズ等やりますよ!
前回ライブから間があいてしまいましたが、溜めに溜めたエネルギーをドーン!とぶちかます所存であります。
お時間と興味がありましたらよろしくお願いします!

明日はママチャリGP!使い捨てバーベキューコンロで効率化(したい)!

明日はいよいよママチャリグランプリ秋大会
4月の春大会には参加しなかったため1年ぶりのママチャリGPとなります。楽しみです!!
今回は片付けを簡便化するために新兵器を投入!
重ねて楽しみです〜

ママチャリGP

そもそもママチャリグランプリとはなんぞや?
いわゆる普通の自転車”ママチャリ”でサーキットを走ります。
サーキットといってもカートのコースになりますが、6時間耐久レースとなっております。
グランプリ(競技会)というだけあって、6時間のうちにコースを周回できるかで覇を競うのですが、6時間って死ぬでしょ?と思いますよね。
ご安心ください!最大10人で交代しながらの走行が認められております!
交代制ゆえに待ちの時間が発生しますので、待機中はBBQの実施が許可されています。会場の富士スピードウェイは周りに何もないので待っている間はワイワイBBQするぐらいなもんなのですよ。

使い捨てコンロで効率化

我々、中高同級生チームは2010年から参加を続ける名門チームなので、BBQに抜かりはありません!(レースは抜かされてばかりですが)
設営から撤収まで無駄なく、手早くこなすことに定評があります。(自画自賛)
だがしかし、参加メンバーにも色々予定や都合がありまして。ここ何回かの大会は充分なメンツが揃わず、現場の運営がちょっと大変になってきました。
今回は参加者5名なのですが、自転車で走る担当の1名はキャンプ地から離れないといけないので、残るメンバーで片付けをする事になるわけです。
そんなわけで人手不足の折、なんとか手間を省きたいということで、今回新兵器を投入することにしました!
こちら、使い捨てコンロです!!

アルミトレイの中に炭と着火剤が入れられて、網でフタをした構造。トレイ内の着火剤に点火すれば即BBQグリルとなるという。その上、燃え尽きたら丸めてポイですぞ!すごくない?!
今までタワシで網をこすったり、コンロの底に溜まった灰をかき出し捨てるという手間がゼロになると。これはスゴイ!!
ホームセンターやドンキホーテなどで手に入るようです。自分はAmazonで通販しました。

レビューを見ると、どうやら火の付き具合が悪い個体があるようで。ぶっつけ本番のBBQで初の使い捨てコンロは心配かなぁ。
とおもいましたので、数を用意しました!

これだけあればなんとかなるでしょう!
1番上のはAmazonではなくダイソーで売られているもの。なんと1個324円!
10月となると、BBQ的にはシーズンギリギリって感じかと思いますが、5個ぐらい店頭にありました。平積みではありませんでしたが。

まとめ

はたしてこの簡易コンロに賭けるのは吉と出るか凶と出るか。
肉は焼けるのか。
予報では土曜日7日は天気あんまりよくない様子。
大丈夫かなー。
まぁ大丈夫かと思うので、本番はがんばって自転車こいできます!

BBQの話しかしておりませんが、一応レースですよ。自転車の。
ママチャリGPと銘打つだけあって、ロードレーサーやクロスバイクなどの本格的自転車はむしろルール違反という大会です。
大会そのものよりも、夜通し車を運転して富士スピードウェイに朝6時とか、
山の天気なので極端に暑かったり寒かったりして、毎回一人は体調を崩とか。
自転車以外も過酷なレースなのですが、怪我のないようにがんばります!
レースの様子は今後ブログで報告するつもり(体力があったら)なので、お楽しみに!!

2017/10/21 追記
レース報告書きました!
よかったらご覧ください!!

やったぜ!晴れた!大勝利!ママチャリGP!!と忘れ物
行ってまいりました、ママチャリグランプリ!続きです!心配だった天気も持ち直してイイカンジにレースできました。ちょっと出オチなトラブルもありましたが、なんとか...

超軽装エフェクトボードでメタル!

メタルバンドやってます

最近洋楽メタルのコピーバンドに参加しておりまして。おおよそ月イチでスタジオに入っております。
元々は音楽教室の発表会ライブに出演するために生徒さん達で結成された4ピースバンドだったとの事ですが。Skid RowやScorpionsをやりたいのでセカンドギタリストが欲しいという事情で、ドラムを担当している高校の同級生がから声をかけてもらいました。
ありがたいことです。

自分としてはサイドギターのつもり、スコーピオンズのルドルフ・シェンカーやAC/DCの兄貴の方のポジションで楽しみたいなと思っておりました。
よくよく考えると、どちらも兄貴の方でしたね。
がしかし、AC/DCの「Back in Black」とSkid Rowの「18 and Life」ではリードを弾かせて頂いております。
ありがたいことです。
速弾きはまるで駄目夫なので、今の所選曲で助けて頂いてますが、どうしても難しい箇所はフレーズをアレンジしたり、ごまかしたりしております。大丈夫でしょうか。

現状は弾くのに精いっぱいで、まだまだこれからだなという印象ですが、楽しんでやりましょうという雰囲気が良いので今後もがんばっていきたいと思います。

超軽装エフェクトボード

左から TC electronic FlashBack mini、Donner Morpher、マーシャル チャンネル切替SW

以前、軽装エフェクトボード(17年6月版)という記事を書いておりますが。実はその時持ち込んだのがこちらのメタルバンドです。
今回はさらに軽装を極めましたよ!
この日持ち込んだのはDonnerのディストーションMorpherとTC electronicのディレイFlashBack miniの二つ。練習後ギターを担いだまま出かける用事があったので、ミニペダル2個で挑みました。右端はスタジオのマーシャルJCM900のチャンネル切替スイッチ。

Donner Morpher


Donner Morpher

MorpherはAmazonで買える格安ディストーション。Suhrのディストーション Riotのデッドコピーだそうで。本家の10分の1の価格で手に入るというあたり、倫理観を揺さぶられます。
本家Riotの音を知らないわけですが、評判通り値段の割に悪くない。
BossのDS-1やRATのような歪みすぎてしまうペダルに比べると、ローゲインでそれなりの出音なので使いやすい。ピックアップはEMGのアクティブハムバッカーと相性がいい様子。パッシブピックアップよりもスムーズな出音になってゴキゲンです。
アンプから音が出た瞬間、カッ!と括目するような良さは無いですが。
この日は後述の通り、Marshallアンプで歪ませて弾いたので、MopherのGainを下げてブースターとしての可能性を試してみました。結果としてはイマイチ音圧が上がらないのでダメでした。アンプの歪みと合わせると歪みすぎてしまうのかしれません。残念!

FlashBack mini


tc electronic Flashback Mini Delay

FlashBack miniはコンパクトディレイの定番機FlashBackのミニ版。こちらも本家の音を知らないのですが、TCらしくノイズレスでイイカンジです。
スマホアプリでディレイのセッティングや音色を変えられる”TonePrint”対応機ということで、TCが誇る伝説のディレイ”TC2290″をモデリングしたセットを使いました。
ちょっとアナログっぽい反響で独特な雰囲気。ハイが削れたとかではない何とも味のあるディレイですね。アタック音に妙なパーカッシブ成分が乗るのもアナログっぽい。
試していないプリセットが山のようにあるので、ポテンシャルは未知数です!

Marshall JCM900

自分はアンプがJC派で、いつもJC-120を使わせてもらっているのですが、今日は久々にマーシャルで鳴らしました。
というのも、スタジオJCが絶不調だったから。ブチブチとノイズを乗せながらランダムにスイッチング奏法をやってくれる機体でした。
マーシャルの方は状態の良い個体だったみたいでゴキゲンなハイゲインが飛び出てきましたヤッホイ!
やはりアンプで作った歪みには勝てないなぁ。アンプ欲しいですなぁ。アンプヘッドか100Wぐらい出るコンボアンプが欲しいですなぁ。

まとめ

最小限のエフェクターでメタルバンドを、という話でした。空間系がディレイのみだとさすがに雰囲気を妥協しないといけなくなります。要検討といったところです。
アンプで歪みを作るのであればリバーブかコーラスを積み増してもいいかも。
なによりアンプがほしい。ステージで使えるMyアンプがっ!
ほどよく物欲が刺激されたところで、他のプロジェクトもガンガン進めていきたいと思います!