ギックリ腰襲来

残念なお知らせですが、
昨日、土曜日の朝ギックリ腰になり申した。
現状、身動き取れないという程ではないんだけど、ほぼ活動不能って感じ。
基本フトンの中でじっとしてる状態。
普段忘れがちな健康のありがたさを噛みしめてる。

朝起きる→
かけ布団をたたもうとする→
かがみ込んで持ち上げる→
グキッというかツゥーンというか何とも言えないイヤな感じがして腰筋に激痛。
幸いな事に、そのまま布団に倒れ込んで事なきを得る。
衝撃は吸収されたものの、当然着地時に激痛。

その後這って出て、親に助けを求めることが出来たので、そこまで重症じゃないのかもしれない。
ただ、土曜の朝なんだから、整形外科に駆け込んでおけばよかったかな、と今後悔。
でも当時としては、立って歩くのは無理!って感じだったのよ。

こういう不意なアクシデントで、
土日やろうと思ってた事が全部パーになって悔しい。
元々腰痛持ちで、常にギックリ逝く危険性はあった訳で。
油断してたなー。
悔しい。
毎日の予定ってのは、身動き取れなくなるようなアクシデントを想定していないわけで。
何事も後悔先に立たず〜!!
ちっくしょ〜!!

現状寝込んでる状態なんだけど、ギックリ腰で寝込むのと熱で寝込むのは結構異質。
熱で寝込んでる時は途中意識を失うかの如くに寝られるんだけど、
ギックリ腰はむしろ寝られないので暇。
暇なりに少しでも自分にプラスになるように読書に励みたいんだけど、
寝ながら読むのは読みにくい。
同じ姿勢でいるのがツライ。
毎日の通勤中で本を読んでる時は同じ姿勢で読み続けられるのに、フトンの中だとできないのが不思議。
と、ここで意外と便利なのが電子書籍。
重力に逆らって、めくったページをホールドする必要が無いのがスゴイ楽。
めくる動作がワンタッチ。
腕を動かす必要がないので、腰に振動が走らない。
素晴らしい。
欠点は、ついついSNS見に行ってしまう所かな。

まぁ〜世の中ままにならん訳ですわ。
本を読む事ひとつ取っても健康でないとやってらんない、と。
腕だけでなく、全身を使う楽器演奏なんか特にそう。
練習が止まってるのが超怖い。
練習しない事がどれ程マイナスになるのか。

今回の件で、普段なんの不自由もなく暮らしていける幸せをマジで噛みしめている次第でござる。
普段からストレッチ運動を習慣化して、予防に務めるとか、
物を持ち上げるときは腰を曲げないようにするとか。
腰痛持ちであることを忘れないのが大事ですわね。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です