軽装エフェクトボード(17年6月版)

エフェクトボード重いです!
毎回スタジオ練習に持っていくの辛いです!

という訳で軽装ボードを組みました!
構成は以下の通り。

ギター→BOSS FV-50L (ボリュームペダル)
→T-REX VULTURE (ディストーション)
→Donner Noise Killer (ノイズゲート)
→Bheringer VD-400 Vintage Delay (アナログディレイ)
→JC-120 (スタジオアンプ)

画像上段の赤いのはチューナーKORG PitchBlack Portable。
ボリュームペダルのチューナーアウトに接続。

それぞれ見ていきましょう。

BOSS FV-50L


Bossの定番ボリュームペダルです。
エクスプレッションペダルの割に軽量。
難点はギアが悪いのかポッドが悪いのか、イマイチ踏んだ感覚で効いてくれない所かな。
ミニマムボリュームが設定できて音量調節にはもってこいのはずなんだけど。
「ちょっとギターうるさいかなぁ」と思った時に気持ち音を絞ります。

T-REX VULTURE

デンマークの老舗、T-REX製ディストーション。
値段は高いが性能は折り紙つきという印象のメーカーですね。
実勢価格15,000円オーバーの所をヤフオクで5,000円ぐらいで落札できました!
元々の値段の割に軽量。

安ディストーションにありがちな、ワザとらしい歪み感が無くて良い。
サウンド的にはカラっといった感もなく、重低音という感もなく。
バランス型ってところでしょうか。
EMG85ピックアップとの組み合わせはイイカンジ。
歪みエフェクターで一般的な3コントロールに加えて、LowBoostとFat(ミドル?)Boostを搭載。
ジャズコーラスで鳴らす場合はLowBoostをかけて低音域を支える。
FatBoostは基本カット。
「ワウ半止め音」にするツマミのようで、モコっとなるので。

落札した当時は後段にオーバードライブをつないでゲインアップして使用してましたが、MXR5150オーバードライブを購入した為お役御免に。
この度めでたく復帰。

Donner Noise Killer


先日紹介したDonnerの格安ノイズゲートです。
大きさと相まって軽量。
T-REX VULTUREのノイズ対策として導入しました。
実はVULTUREノイズ多い。

ツマミの位置で効きがシビアに変わるので、テープ等でツマミを固定する必要があるかも。

Donner Noise Killerポチって試してみた
amazonでノイズゲートゲッツ。 ノイズゲート自体はボードに入れてるMXR 5150Overdriveにも搭載されてるんだけど。5150OverdriveのノイズゲートはMXR M135 Smart Gate...

Bheringer VD-400

ベリンガーのアナログディレイVD400はいいぞ!キルドライもできる
格安エフェクターで有名なベリンガーのアナログディレイVD400買いました!デジタルとは違う太いディレイサウンド。ノイズも少ないし、キルドライもできるから充分使える...

みんな大好き、ベリンガーの格安アナログディレイ。
ステレオでキルドライとか面倒なことはせず、直列に接続。
気持ち長めのショートディレイを4回ぐらいフィードバックさせて、
いわゆる「スラップバック・ディレイ」として使用しました。
アナログディレイ特有のあたたか味というかレトロ感も相まって、
コーラス等モジュレーションが無いのを補足するねらいもアリ。

本体を含めてスイッチ部もプラスチック。
配慮して優しく踏むとセンサー感度悪い。
しっかり踏まないとダメだけど、耐久性に不安が残るというジレンマ。
軽量で良いんだけど。

発振サウンドもなかなか良いので飛び道具にもヨシ。

KORG PitchBlack Portable

KORGの定番ペダルチューナー、”PitchBlack”の横長版。
配電機能があるので、パワーサプライ替わりに。
ケーブルチェッカーもついているので、セッションなどの実戦には重宝するのでは。

“Portable”と名乗る割にデカくて重い。
その分、安定して設置できる。
表示もデカくて、ひたすら見やすい。
ペダル型全盛のチューナー界において横長型としては最高峰なんじゃないかな、本器は。

しかし生産終了済。
売れなかったのかなぁ。
トゥルーバイパス未対応なのと、本器のバッファーがあまり音良くないのが原因かな。(個人の感想です)

まとめ

音色としては「歪みとディレイ」という、必要最低限よりちょっと足りてない構成のボードですが。
そこそこ普段の音は再現できてるらしいです。
やっぱりギタリストの技量がサウンドを作るんですな!
ははは。

エフェクター少ない構成のボードにも、それはそれで生まれる表現力があるので、普段でっかいボード持ち歩いてるのはうーん、どうなんでしょうーって思ってしまうところがエフェクター沼に沈んでる証拠でしょうかそうですか。

Donner Noise Killerポチって試してみた

amazonでノイズゲートゲッツ。

ノイズゲート自体はボードに入れてるMXR 5150Overdriveにも搭載されてるんだけど。
5150OverdriveのノイズゲートはMXR M135 Smart Gateを移植している感じらしく、実際高性能。
5150Overdriveは高いけどエフェクター2台分と思えば躊躇なく買えるっしょ(嘘

ただ、高性能なぶん、出音に対して相当忖度している節が見えて。
ノイズの切り方は匠の領域なんだけど、ゲート効果が発動したりしなかったりして、コントロールが難しい時がチラホラ。
ブリッジミュート系リフの歯切れを良くしたいときなんかがそう。
結論としては5150Overdriveのノイズゲートはハムノイズ対策に専念してもらって、
歯切れ良くするのには別のノイズゲートあると便利かなという感じ。
実際、5150OverdriveはOutput上げるとノイズ出るんだよね。
Output上げるといい音するんだけど。

でもまぁ、ノイズゲート購入は優先順位高くはない現状。
なかったんだけどamazonでポチー。
最後の1個です!と言われたのでつい。
その後すぐ在庫復活してたし・・・。
あと値段。

信号カットしきい値ノブ一個に、カットの掛かり具合Soft/Hard切替スイッチ。
Send&Return無しのシンプル設計。
LEDはON/OFF表示のため。
ゲート効果発動を示すインジケーターは無し。
利き具合は自分の耳で判断なのだ。

ノブが12時を超えると普通に弾いててもノイズゲートが働いて音が劣化するわろた。
忖度なく音をブッ切っているのが粋だな多分。

リフをキレッキレにする為に買ったんだけど、現場でイチバン効果が出たのはハウリング対策!
テレキャスがハウる問題に悩んでたんだけど、
音量上げて常にハウってる状態でもNoise Killerを強めに掛けてたら何とかなった!
なったよね?(>バンドメンバー諸君)
音質とか抑揚とかサスティンとか、いろいろ犠牲になるので良くはないんだけど、緊急回避って感じで!

Donnerてメーカーは最近amazonで良く見るんだけど、
このペダルも何かのクローンなんだろうなぁ。

塗装も印字も綺麗だし造りもガッシリしてるぽよ。
樹脂部品のゲートカットが甘い!(プラモ脳

試しにスタジオ持っていったら意外に急場がしのげたので大感謝!
原因不明のハウリングにはノイズゲートが効くかもよ?
ちょっとボードに入れてくる!

ベリンガーのアナログディレイVD400はいいぞ!キルドライもできる

格安エフェクターで有名なベリンガーのアナログディレイVD400買いました!

デジタルとは違う太いディレイサウンド。
ノイズも少ないし、キルドライもできるから充分使える。
これで2480円ってすごくない?!

詳しくは以下。
BEHRINGER VD400 Vintage Delay

外観

プラスチックの質感!
色合い的にはNintendo Switchのコントローラ部分かなぁ、と思ったけど、
どっちかというとセガサターンがこんな感じだった気がする。
BOSSエフェクターと同様に、電池ボックスのフタがフットスイッチ部(踏む所)になってる。
どっちかというとDigitechのエフェクターと同じ仕組み。
フタを留めるピンまで樹脂製で、強度的におっかない印象はぬぐえないぃ・・
VD400&Digitech Digidelay
Digitech Digidelayと比較。
Digidelayはアルミダイキャストボディ(だと思う)。

サウンドチェック

肝心の音は。
アナログディレイはエフェクト音の自然な減衰が良いと聞くけど、
確かにやわらかい。
アナログディレイ初心者なので、これがアナログか~って感じ。
デジタル慣れしてるので、単にLo-Fiなのかなぁと感じる面も。
エフェクト音のクリアさとしてはDD-3がちょうどいいかな。
(※個人の感想です)

安エフェクターだとノイズが多いという話を聞くので心配してたんだけど、
10Wの自宅用アンプで、家で鳴らせる音量で聴いた所なかなかノイズレス。
ノイズゲート使ってギター側からのノイズをシャットアウトしたので、多分間違いない。
やるじゃない~。
ホームユースでは申し分ない性能と分かったので、
今度はスタジオの大音量に耐えられるか試してみる!

ただ、エフェクトOn/Offで音が変わるので、
ショートディレイで常にOnしているのが使いやすいかも。
(※個人の感想です)

キルドライ

調べてもイマイチ確証が得られなかったのが、
「VD400はキルドライできるのか?」
という点。
もちろんキルドライできるとうれしいんだけど。

キルドライ(Kill Dry)とは!?

ディレイで言うと、遅れてきた音のみを出力するという事。
自分で弾いた音は鳴らないで、リピートされる音だけ
リピートされる音だけをアンプから鳴らす事ができる!
という出力方法。

情報集めてると、”エコー音”とか”エフェクト音”等という名前と混じってしまって。
”エフェクト音”がキルドライなのか?
またはドライ+ウェット(普通のディレイサウンド)なのか?
イマイチ正確な情報がつかみづらくてイライラしてしまったんですが。

VD400は、説明書読むかぎりキルドライできるような気もするんですが、
やはり”エコー音”の記述が微妙・・・
楽器屋で実験すればいいんだけど、最近の楽器屋ベリンガーエフェクター無いし。
うーん。

・・・まぁ買えばいいか。
2400円だし。
VD400はBOSSのアナログディレイDM-3のコピーらしいし、
DM-3の後継機であるDD-3でもキルドライできるし。

発注!→届く!

箱入り。

結果:キルドライできました!

やり方:DIR OUTに何にも繋がってないダミーのプラグを差し込む

まとめ

VD400最高じゃん!
Onにすると音質に影響があるのと、
ディレイ音がLo-Fiなのが気になる所ではあるけど。
ディレイ機能がしっかりしてて、
ノイズが少なくて、
キルドライできる。
いう事ないですよ~
しばらく使ってみます!!