ヤングギター 2001年5月号

例のヤングギター処分の件
あれから6冊ほど解体して廃棄したけど、
せっかくなのでブログにも記録を残しておこうかなぁと思い立ち。

表紙は”Just Push Play”を発表したエアロスミスのジョー・ペリー。

エアロは”Toys In The Attic”と”Rocks”を聴いたかな・・・確か。
まだファンクがよくわかってない頃だったので、16ビートが云々言われてもピンと来なかった憶えアリ。


久々に”Walk This Way”聴いたら、腰が抜けるほどカッコイイじゃないですか!!
ほげぇぇぇw

他はグレッチ特集、今は亡きゲイリー・ムーアのインタビューにKISS来日公演機材紹介等々。

グレッチは先日ジョン・レノンが使ってたのがオークションに出るとか何とかで話題に。
自分の場合はグレッチを買うことは無いかなぁ。
グレッチの音ってのもあると思うけど、グレッチは憧れで買うギターだと思うので。
と思う反面人生において、レフティにスイッチする事もあると考えると・・・
イザという時のためにお金は溜めておこう!

KISSのライブ機材レポなんか興味深い・・・
かと思ったらGibson Ace FrehleyモデルとワッシュバーンのPaul Stanleyモデルばっかりだった!

この調子でガンガン解体していくよー

141108YG(01)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です