映画 誰よりも狙われた男 感想

新宿武蔵野館にて「誰よりも狙われた男」を鑑賞。
先日、母が観て来て「面白かったよ!」との事なので。

舞台はドイツのハンブルク。
違法入国してきた、イスラム過激派と疑われる青年の情報がキャッチされた。
捜査チームは青年を泳がせて、過激派の大物を釣ろうと企む。
情報網を駆使してあの手この手でターゲットに迫る手法がすごい。

映画としては実に地味。
サスペンスにつき物の銃撃戦もカーチェイスも無し。
その地味さが却って地道な捜査活動をリアルに演出しているような気がする。

自信を持ってオススメ。

141102movie

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です