【映画レビュー】キック・アス

日テレの映画天国で放送していたので、拝見。
現在、続編が公開中なのでそのプロモーションなのかな。

監督のマシュー・ボーンは「キック・アス」の翌年「X-MEN:ファーストジェネレーション」を監督している。
先週観た「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガー監督といい、ハリウッドX-MENに何か縁があるのかもしれない。

基本的にアメコミヒーローなんだけど、普通の主人公が特に能力が無いまま、周囲のスゴイ人達に振り回されて、最終的にヒーローになってしまうという展開が日本のマンガっぽいかなぁと思った。
アクション、特に殺陣がすごい。
ハリウッドアクションを観ると、日本の特撮って様式美の集合体なんだなぁ、と感じさせてくれる。
体をはったイタいギャグも見所。

「【映画レビュー】キック・アス」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です