スタンフォードの自分を変える教室 第4章

意志力を高める「スタンフォードの自分を変える教室」第四章。
今週は自分を甘やかしてしまう原因とその対策。

第3章ふりかえり

先週実施した意思力向上作戦は以下の5つ。
1)意志力の増減を観察する
2)血糖値を上下させない
3)あえて意志力を消耗させて、鍛える
4)あえて疲労を気にしない
5)「望む力」でモチベーションUP

一日のうち、空腹時は常に意志力が弱まっていることがわかった。
何となくそうかなぁと思っていたけど、これは(2)血糖値の話とリンクするのかもしれない。
それと夕方。
仕事終わりには疲れと空腹でもうやってられない。
「望む力」も何も無いってわかった。
意外なことに朝は意志力が高いっぽい。
自分は夜型タイプだと思っていたんだけど。
安眠人間なので、早寝早起きして意志力の高い時間帯を有効に使った方がいいのかもしれない。
意志力の鍛錬はまぁ、普段ギター練習しているのでそれでOKという事で・・・

第4章

今週実践するライフハックは5つ。
・失敗と成功についてどう捉えているかチェック
・「なぜ誘惑に負けなかったのか?」の”なぜ”に注目する
・後日挽回できたかチェックする
・明日も同じ行動をすると心得る
・誘惑のキーワードを見つける

例によってそれぞれ説明。

・失敗と成功についてどう捉えているかチェック
人間は”よい事”をすると、その分”悪い事”をする事にGOサインを出してしまうものらしい。
”よい事”とは意志力を試された事に他ならないので、せっかくの努力を水の泡にする”悪い事”に走ってしまう!
これを防ぐために、行動の結果を「善悪」で判断していないかチェックする。

・「なぜ誘惑に負けなかったのか?」の”なぜ”に注目する
意志力のチャレンジを評価するにあたって、ひと工夫。
チャレンジの進捗ではなく、”努力する姿勢”を評価する。
”努力する姿勢”つまり誘惑に負けていない状態を評価する事で、前述の”良い事をやったつもり”になるのを防ぐ。

・後日挽回できたかチェックする
今日はダメだったけど、明日からまたがんばろう~
と、チャレンジを先延ばしにした時、次の日以降に挽回できたか・・・
まず挽回できないので、肝に銘じておく。

・明日も今日と同じ行動をすると心得る
次の日以降挽回するのは不可能だと腹をくくって、今日やれる分量を今日からちゃんとやることにする。

・誘惑のキーワードを見つける
例えば、明らかに太りそうなジャンクフードでも「売り上げの2%を寄付します」の一言でつい買ってしまうとか。
カロリーや健康と関係の無いアピールであるにもかかわらず魅力的に見えてしまう事がある。
そういった自分にとって”弱い”キーワードを探っておく。
出くわした時に冷静に対処できるように!

今週はけっこうハードというか、自分の弱い所を見つめる系で大変そう・・・
一週休んでしまったし、とにかくがんばる。

140224stan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です